2022年度 愛知県 若者職場定着経営者支援事業

新規学卒者の就職後3年以内の離職率は、中卒55.0%、高卒36.9%、大卒31.2%となっており、特に30人未満規模の事業所に就業した新規学卒者は、終業後3年以内に約5割が離職(厚生労働省調査2021年10月)していることから、中小企業における若手社員の早期離職を防止し、職場定着を促進する必要がある。

そこで、中小企業経営者が若者の離職防止や職場環境改善に取り組むきっかけ作りを支援するため、若者職場定着経営者支援事業を実施いたします。

NPO法人ブルーバードは、愛知県(労働局労働福祉課)が実施する「若者職場定着経営者支援事業」の受託先に選定されました。これは、愛知県が広く提案を募集し、総合的な審査により決定されたものです。

今年度は以下を予定しており、詳細は順次掲載していきます。

(1)若者職場定着優良事例集の作成

愛知県内で若者の職場定着に実績を上げている中小企業にヒアリングを行い、その取組を掲載した冊子を作成します。

 

 

・・・現在、企業様にヒアリングを実施し冊子作成に向けて動いております。・・・

(2)経営者啓発セミナーの開催

以下の日程でセミナーを開催いたします。