· 

Coco+ 第15回「『表現』を活かして子どもと交信 〜表現ってなぁに?〜」(2022年2月2日開催)

2022年2月2日(水)は

令和3年度Coco+セミナー第15回

『「表現を活かして子どもと交信〜表現ってなぁに?〜』を開催しました。

 

講師は当法人専務理事で東京書道教育会、書道普通科師範位の水野 愛が務めました。

 

『そもそも人は自己表現したい生き物』というところから始まった今回。

確かに自分の内側にある想いを外に出して、人と交わったり人に理解されるのはうれしいことですね。

ただ、小さな子どもにとって、言葉で自分の気持ちを表すのは難しいことも。

となると、外に出せない気持ちが子どもの中でぐるぐると渦巻き、それは子どもにとっても親にとっても苦しいものなのだそう。

これは講師自身の経験ですが、試行錯誤したのちに、言葉以外の表現の世界を知り取り入れてみたところ、コミュニケーションがスムーズになり、お子さんも生き生きしてきたそう。

 

表現方法といっても、難しく捉える必要はなく、絵や歌やものづくりなどから、日ごろの遊びまで、さまざまな形で子どもは表現しており、大切なのは、いかにそこに関心を持ち、受け止めるかということ。

なぜなら、受け止めてもらった子は、大切にされていると感じ、自己肯定感も育まれ、他者との関わを恐れず、いろんな状況に対処できるようになるなど、『生きる力』が自然と育まれていくからだそう。

 

そんなところにまで繋がっているとは、思いもしませんね。

 

受講された方からは、

「表現へのハードルが下がった」「いろんな表現を受け止めてみたい」

「表現しやすい環境づくりをしたい」

と、それぞれに感じたご感想をいただきました。

 

一人一人いろんな表現があり、それは日常にも溢れているということ、そしてその日常に溢れる子どもの表現に注目したいみたいですね。

 

 

さて、次回のCoco+ セミナーは

【周りに振り回されない私であるためのヒント】

です。

周りに振り回されない自分であるための3つのポイントについて、入り口となるヒントをお伝えします。

 

日時 2/16(水) 10:30〜11:50

場所 キラッとよた(産業文化センター)

参加費 500円

ご参加お待ちしております。

 

詳細・お申込みはホームページをご覧ください。

 

☆この事業は、豊田市との共働事業です☆