働く喜び組織を強くする。

組織改革コンサルティング

組織向けコンサルティング

会社をもっと良くしたいとお考えの経営者様へ

会社をもっと良くしたい、そして社会にもっと貢献したい。というのが多くの経営者の願いだと思いますが、経営には課題や悩みがつきもの。

 

経営者が抱えている会社に関する悩み事を、社員自らが主体的に解決に向けて動き始める。そんなことが、現実に起きているのが、ブルーバードの「組織改革コンサルティング」です。


こんなお悩みはありませんでしょうか?




お悩み1. 人材確保が難しい

  • 採用がそもそも難しい
  • 採用してもすぐ人が辞めてしまう
  • 採用コストが高い

 

お悩み2. 社員に主体性がない

  • 自分で考えて行動してくれない
  • 改善の提案が上がってこない

 


お悩み3. 幹部人材の不足

  • 管理職になりたがらない

 

お悩み4. 横の連携ができない

  • チームとして協力して動けない
  • 組織全体で動こうとすると問題が起きる

 


こういった課題を、経営者様自ら解決しようとしていませんか?

 

 

お金の問題、人の問題、

経営者の抱える問題は多い・・

 

幹部や社員はよくやってくれている、

相談したいが・・これ以上負担はかけられない

 

ここは、やはり私が頑張るしか・・

 


ちょっと待ってください。

 

もし、社員の皆様が主体性を持って、

自主的に社内の問題解決に取り組んでくれたら

どうでしょうか?

ブルーバードは本質を大事にします。組織の本質とは、そこに属するメンバーが自ら主体的に組織全体の課題を解決することだと考えます。

 

そのため、ブルーバードの「組織改革コンサルティング」は、まず社員様の働く喜びを引き出すよう働きかけます。そうして、主体性を持った社員様は、自ら組織の課題解決に向けて走り出します。


組織改革コンサルティング3つのポイント

POINT1 とにかく現場に入り、当事者にアプローチする

「現場のことは現場にいる人が一番知っている」

現場を大事にしコンサルタントが現場に入って、取り組みます。

 

POINT2 社員の主体性を引き出すコミュニケーション

「人は本当にやりたいと思ったことしか本当の力が出せない」

社員様の本音と本心を伺いながら、主体性を引き出します。

 

POINT3 ライブ感を大事にし、型にはめない

「様々な企業において、課題も解決策も異なる」

画一的で決まったものを提供するのでなく、現場のライブ感を大事にしながら進めます。


組織改革コンサルティングで得られる効果

コンサルティングに入らせていただき、どのような変化が現われるか。まずは、社員の皆様が仕事を面白いと感じ、自ら考えて行動するようになるります。

 

そして、社内の雰囲気が良くなり、個ではなくチームで仕事を進める社内文化が生まれます。チームで会社の課題を改善したり、新しい仕組みが生まれ、結果、売上や定着率、残業時間といった数字が好転していきます。

 


つまり、

まず人が変わり、次に組織が変わり、そして数字が変わる

なぜ結果を出すことができるのか?

今まで担当させていただいたプロジェクトで、なぜこのような結果を出すことができたのか、以下にその内容をまとめました。

 

1.根本的な考え方

「いい仕事をしたくないと思っている人は一人もいない」

という「人の働く喜び」を信じているから。

 

2.ノウハウ

・組織運営に関する専門知識や手法

・400社を見てきた経験

 


3.外部のコンサルティングだからこそ

・強制力が働くから、現場が動く

・身内から言われることは、受け入れにくいが客観視点でのアドバイスなら動く

・社内の常識や思い込みの外から見ることができる

企業様の声

社員様より

コンサルが入ると聞いて、「何かをさせられる」と思ったけど、そうじゃなかった。「自分のやりたいこと」ができた。こういう機会があって、会社に感謝したい。

他部署の幹部の方より

どうしてあのチームは、人が見違えるように変わったのか?

社長様より

社員が変わっていくのを見ていると嬉しくなる。コンサルが進んでいくにつれて、本音が出てくるのがわかる。すると、主体性が生まれて行くのを感じる。


メインコンサルタント紹介

NPO法人ブルーバード 代表理事

西尾 果小里


人の問題はデリケートだし、面倒くさい。

だから、手をつけることに躊躇してしまう・・

でも、そこに最初に着手することで、結果、全ての数字が揃ってくることをいくつもの企業様で見てきています。

より良い会社づくりのため、ブルーバードがお手伝いさせていただければ幸いです。